2019年3月23日土曜日

フェイスブックの投稿。

Facebookでユースを「いいね!」している方は、
ブログのリンクシェアが、
1日最大3件通知されているものと思いますが、
本日の投稿、ちょっとおかしい。
「本日の父島」というタイトルの投稿では、
上記のような写真は使っておらんのです。

や、いい表情ではあるけれども!
Facebookを見ていて、
急にわた氏の顔のアップが出て来て、
ビビったのです。

はい、ただそれだけの投稿でした。

【追記】
…という旨の投稿をしたら、
またFacebookでシェアされました。
わた氏の顔が2枚並んでいます。笑

夕方一緒に仕事をした時、
「嫌なんすよ、消してください〜」
と申しておられましたが、
ひとしさんに、いい顔じゃな〜いと、
軽くかわされておりました。

きょーじゅ

魅惑の、西之島。

小笠原は、海洋島であるので、
ある時海の真ん中にぽっかり島ができ、
そこにいろんな方法で、
植物や生き物がやって来たんですよ〜
というのが、小笠原のはじまりの話。

そんな島の形成が、現在進行形で進んでいます。
一時期「国土が増えた!」とかで話題になった、西之島。
父島の西方、およそ130kmに位置します。
どれだけ面積が拡大したか、というお話は良くありますが、
島の中が今、どうなっているか、気になりませんか?
(私だけ?)

まずは、1970年代(前回の噴火)と現在の変化から。
空中写真で確認してみましょう。

出典:地理院タイル(https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html)

そして、島の様子。
平成28年10月に、国土地理院が海上保安庁と共同で、
地図の更新に必要な三角点の設置・測量のために、
上陸した際の様子(ダイジェスト版)が、
YouTube上で公開されています。
(およそ600回しか再生されていないなんて、)
(勿体無い!!!)


もっと詳しく知りたい方は、
以下の本編動画(約10分)、講演資料をご覧ください。

(個人的に)どちらも面白かったです。
産総研の記事によると、
西之島の噴火は大陸の生成を再現しているらしいですよ。
いろんなことが想像できて、
なんだか夢がありますね。

きょーじゅ

亜熱帯農業センター。

小曲周辺で少し時間があったので、
久しぶりに、亜熱帯農業センターに行ってみました。

その昔、ナイトツアーで定番だった場所。
(とあるキノコが、見られたのです。)

踏み台がなかったので、
もうないのかな〜

亜熱帯農業センターには、
小笠原の野山にある植物や、
栽培植物を見ることができます。

山のツアーなどに参加したあと、
じっくりと見学に訪れるのもオススメです。

さて、いくつか気になったものをご紹介。

こちらは「果物時計草」の各品種。
いわゆるパッションフルーツです。
沖縄や鹿児島でも栽培が盛んですが、
主要品種が違うのですね。

小笠原での主要品種は、台農1号という品種だそうです。
パッションの苗は、JA直売所でも購入可能です。

そして、ムニンツツジ。
父島の躑躅山(つつじやま)に、
一株しか自生していない絶滅危惧種です。

4月には、白い花が咲くそう。
あともう少しですね。

きょーじゅ

答え合わせ。

さて、父島には、幾つの灯台があるでしょうか。
青灯台と赤灯台は、有名ですね。
あともう一つ、
二見港丸山灯台なるものがあるらしいのですよ。
ささんにその存在を聞き、
ちょっとお出かけしてまいりました。

ここから入ります。

地形図上にも、歩道の表記がありますね。

出典:地理院タイル(https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html)

道中は、モクマオウの落葉がたくさん。
傾斜がきついところもあるので、
滑らないようにご注意。

最後の方には、このような舗装路も。


到達。
小笠原海上保安署のHPによると、
以下のような解説があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・二見港丸山灯台(上部)
 光の色:白光、光り方:毎4秒に1閃光
 2009年12月にLED化され光度がアップされました。
・二見港丸山指向灯(下部)
 指向灯とは幅を持って三色の光を出しており、
船から見て真ん中の安全なコースを白光で示し、
コースから右側にそれると赤光、
左側にそれると緑光が見えるようになっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイル張り♡


前方は開けていて、
こんな風景が見られます。

帰りのお船で、海図で確認するんだ〜♡と、
ニヤニヤしています。
お楽しみが増えました!

きょーじゅ

本日の父島。

おはようございます。

本日の父島は、雨からのスタートです。
ヘルパー4人の静かなユースから、
多くのお客さまを迎え、賑やかなユースに変わる予報です。
晴れ男・晴れ女の来訪を期待します。

皆さまの1日も、素敵なものとなりますように。

きょーじゅ

2019年3月22日金曜日

モスモス、母島へ。

モスモスが母島へ。(日帰り)




夕方には、にっこり笑顔で帰って来ました。
乳房山にも、登って来たらしい。
初めての小笠原を満喫しています。

きょーじゅ

春の味覚、そろそろ?

明日は、入港日。
残りの滞在日数も、
片手でカウントできるようになりました。

やり残したことはあるかな、と思った時、
そういえば、この季節だな、と思い出しました。
(写真参照、2014年3月28日撮影。)
(ピント合ってない。)

もうすぐ、(もう?)ワラビの季節ですね。
あの場所って、私でも入れるんだっけ?

きょーじゅ

わたと、モスモス。

昨日は、15時まで海のツアーに出ていて、
眠たいモスモス。

ついに横になったモスモス。
そして、時間を持て余した、わた氏は、
以下のような所業に。



同い年のお二人ですが、日々、
なかなか愉快なやり取りをされています。
こそっと、聞き耳をたてるのが好きです。

きょーじゅ

絵心は…

昨日の、アメトーーク!ご覧になりました?
絵心ない芸人、やってましたよね。
ミーティングルームでも、
みんな(ヘルパー3人)で観ておりまして、
案の定、落書きタイムになりましたよ。

きっかけは、わた氏の「絵、上手いんすよ!」。
じゃあ、書いてもらいましょうということで!

(何見てるんすか!の顔。)

(真剣に作業中。)

まず書いたのは、クワガタムシ。
(本人、一押し。)
でも、2・3番目にうまく描けるやつらしいっす!

上の「きつね」は、
TVでもやってた、お手をする犬。
きつねだ、カンガルーだと、横でニヤニヤしていたら、
心折れたらしく、人は断念しておりました。 


はい、モスモスも参戦。

結果。
モスモスは、写実よりもイラストがうまいらしい。
わた氏は、乗り物など、好きなものは得意らしい。

最後のわた氏の作品。
写真を見ながらですが、なかなか掴んでる気がする。
本人と似ているのか、気になる方は、
過去の投稿をご覧あれ☆

きょーじゅ

ここはどこでしょう?

ささんに存在を聞き、
実際に行ってみました。
レポートは後日。
さて、ここはどこでしょう?

地図記号は、これです。

きょーじゅ